上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末は雪交じりの陽気で冬に逆戻りかと思いましたが今日の春分の日はとても穏やで暖かな陽気と
なりました
今日はどうしても山に戻る鳥さんに最後に逢いたいと思い、北本自然観察公園まで逢いに行って
きました、そこには一足早く春の雰囲気を装った、淡いピンクの「エゾヒガンザクラ」が迎えてくれました・・・

エゾヒガンザクラ2

エゾヒガンザクラ1
ここに来て頂いている皆さんに一足早い春をお届けします (^.^)


スポンサーサイト

新年明けましておめでとう御座います


”2007年”も穏やかに年が明けました
昨年の元旦に一気に開設したBlogでしたが皆様のご支援で何とか一年間続けられることが出来ました、此処に感謝すると共に御礼を申し上げます。
今年も一年間を目標に継続していこうと思っております
お時間のある時に覗いてみて下さい
皆様の書き込みが唯一の励みになります、宜しくお願い致します。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
このBlogとは別に鳥を中心とした新Blogを立ち上げましたので覗いてみて下さい
今までの私のフィールドワークがベースになっています

 新Blog:『パピリオの”鳥”ロマン』
       http://tuq.blog84.fc2.com/ 
 
 Myフィールドから
     冬枯れたMyフィールド(舞岡公園の谷戸)です
この所、Blogの更新を滞っていて一応は気にはしていたのですが手つかずでスミマセンm(__)m

今日(12/16)は友人と早朝からいつものフィールドに出ていて気温も今の時期にしては高く、フリース
1枚でも丁度良いくらいの陽気でした
午前中はE市に居たのですが午後から移動して相模原よりのZ市の谷戸山公園へ行って来ました
此処はとても町中にあるとは言えない、近場でも唯一、私としてはTOPランクに位置する谷戸山です
辺りの木々の紅葉もピークは過ぎているとはいえ、逆に今頃の方が全体に渋く、とても良い感じでした
今日もそれなりに色々、デジしてきたので整い次第、ご紹介しようと思っています。

水鳥の池
此処の場所はカモ類が自然に飛来してきて下りる場所です

野鳥観察小屋
いわゆるバードサンクチャリーです

カラスウリ
何かこういうものを見ると不思議にホッとします


このところ何かと慌ただしく、ホントは忙しく動き回っている方が好きなのですがチョッと事が順調に運び出すとすぐに悪い癖がでて、何とか有意義な?時間を作り出すという特技があります・・・悪く言えば単なるサボるのが上手いだけかもしれません? (^_^.)
まぁ、それはさておき、今回は職場のイベントの準備でふだん強いては近寄らない?場所をグルッと回ってきました、最近はネットの普及で知りたい場所の情報が机の上でアッと言う間に手に入るご時世なのでこれが良いんだか、悪いんだか私にはよく分かりませんが、やはり、何でもそうですが自身の目で現場に足を運び状況を見るというのがこれ鉄則かなぁ・・・・・(現場検証みたいですね)

最近はYOKOHAMAの様子も結構、細かく紹介されていますが、逆に私なんぞはへそ曲がりなので表の華やかなところはさておいて・・・と、こっそりマイナーな場所に出没したりしますが・・・・・ほかに私も~何ていらっしゃるかも知れませんがまだお逢いしていませんね(^_=)

今回の画像は情報集めの途中でデジしてきた物の中からです。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 香り高いお茶と自家製ケーキで午後のひとときを…な~んてね
窓越しに
『Tearoom メルパルク/マリンタワー横』
窓辺の薔薇 えのき亭
『バラのことはよく分かりません』              『Tearoom えの木てい』
露地のSHOP 運河だまり
 『店番のネコさんがいます』                『昔、ここでハゼ釣りをよくしたっけ・・・・』 
             




すでにマスコミやローカル等でも紹介されている横浜市中区にある「間門小学校」内にある”水族館”にて飼育されている「天然記念物ミヤコタナゴ」を見る機会がありましたのでご紹介します。
ここは私のメダカの友人がボランティアで中心となって、先生や子供達と一緒にミヤコタナゴを飼育しており、ここは彼の母校でもあります(^_^)
ミヤコタナゴはご承知の通り、天然記念物で(国)の絶滅危惧1A 類(環境庁)にも指定されています
ここ、間門小学校は日本で唯一、小学校内に海水水族館を所有管理している小学校で、お世話は運営にかかわる地域住民のボランティアと同校の先生達があたっています、また、ここのタナゴは県内最後の生息地だった横浜市都筑区の権田池が埋め立てられた時に保護された個体の子孫でとても貴重な魚です、図らずも回りの方々の熱い思いでこのタナゴを通して子供達が自然の大切さを少しでも理解して貰えればと飼育を始められたとお話しをお聞きしました。

ミヤコタナゴ 1

ミヤコタナゴは関東にしか生息しておらず、発見されたのは都(ミヤコ)、東京の小石川だったそうで「ミヤコタナゴ」と命名されたそうです。
水族館 2
日本で唯一の小学校にある海水水族館
間門小学校付属水族館 ”まかどシーマリンパーク”
ミヤコタナゴ 3

マダイ水槽

ヒラメ

サメ







最近のコメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

パピリオ

Author:パピリオ
【種名:Maratecoara lacortei】
南米のメダカで大きさは6cmほどで背鰭と胸鰭が独特の形状をしており、卵生めだかの中でも特異なタイプです、産卵は底面にピートモスを適量入れてあげればそこへ産卵はしますがただ、このメダカは飼育繁殖のランクも上級種といわれそう簡単には増えてくれません。
また卵から孵化までに6~8ヶ月ほどかかります。

カテゴリー
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。