上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clematis Princess Diana (Texensis Group) テキセンシス/プリンセス・ダイアナ

猛暑の中、クレマチスの2番花が皆んな元気です、今年は特に株が充実してきたせいかテキセンシス系もガンガンツルを伸ばしており一日、放っておくと大変なことになります、このP.ダイアナはチューリップ咲きと言われ写真のように上向きにパッと口を開けたように咲きます、形と良い、色合いと良い、夏の暑い時期に庭先を飾ってくれ嬉しい限りです、2年前にダメ元で差した穂が5本ほど育ち、知り合いに4本差し上げて1本は自宅に残してありますがその株も現在、花を付け始めました。

P.ダイアナ1

P.ダイアナ2

P.ダイアナ3
スポンサーサイト
Clematis Versicolor(viorna Group)
クレマチス ・バーシーカラー(壷系)

我が家には壷系のクレマが数えたこと無いけれど数種類あると思います(いい加減だな)、言うに及ばずツル系は全て丈夫ですがツルの扱いがマメな人でないと鑑賞に堪えません、と言うのも伸びが旺盛で直ぐに隣の人と手を結んでしまいアッという間にぐちゃぐちゃになっていまうので毎日、ツルを綺麗に広げてやる必要があるのでマメな人が良いのですσ(^^)は失格です へへへ

バーシーカラー1
今回ご紹介している写真は今日(7/26)の午後に撮ったもので2番花です、1番花はゴールデンウィークの時期に咲き、丁度その頃はうどん粉病が出やすく、1mほどツルを伸ばし咲くことは咲いたのですが葉はうどん粉まみれで手を付ける気にもならずそのままでした(育成者、失格ですね)

バーシーカラー2
今の時期は株も活性が高く、リンカリ肥料と水やりをサボらなければ結構、良い感じになります。

バーシーカラー3
この写真は1番花の咲いたツルを地上から僅かに残し、全て切り取ってしまいます(切り戻し)そうすることによって株の勢いがあるこの時期に、もう一度、写真のように2番花を咲かせることが出来ます、花はご覧のように紫色の綺麗な壷方の可愛い1.5cmほどの大きさもモノが沢山付きます、この種はバリエーションが沢山あるので好きなモノを育成されると良いでしょう。
Purprea Plena Elegans
パープレア・プレナ・エレガンス(viticella系)

久々にクレマチスでもと辺りを見渡しても多分に昨年からの肥料切れが堪えて今年は花付きが今一です、ただ今回UPする、ビチセラ系/PPエレガンスは私の大のお気に入りです、何故ならば手が掛からず花付きも良く所謂、ビチセラ系特有の多花性です、冬期には地上部がスッキリとなくなるという何とも言い難い孝行なクレマチスです、見た目はご覧のように伸びたツルに小さくて丸い葉が可愛らしく付いているといった感じです、花は3cm大の可愛らしい八重咲で一輪でも存在感が有ります。

PPエレガンス1

PPエレガンス2

PPエレガンス3

PPエレガンス4

PPエレガンス5

このクレマチス”白麗”はクレマの中でもツルにならない木立性です、高さも我が家では30cmほどで先端に白いクルルンとカールした清楚な花を付けます、放っておいても株立った数だけは花を付けますがより多くの花を咲かせる際にはある程度伸びた穂の良いところでまめにハサミを入れて枝数を増やします、そのことにより多くの花が得られます、また目安として80%ほど咲き進んだら躊躇なく株元より2節ほど上で全てカットしてしまいます、そのことにより次の開花が期待できます
その時は忘れずに緩効性の肥料を適量与えて下さい、またIBが効き出すまでの併用として1000倍程度の液肥を与えることもpointです。

ハクレイ 2

白麗 1

ハクレイ 1
【Clematis integriforia 'Hakurei'】
この”フルディーン”をあらためてご紹介するのは2年ぶりかもしれない、当初はこじんまりと行灯仕立てにして楽しんでおり、成長したらフェンスにブワァッと咲かせようなどと夢を見ていました、翌年どうも成長が思わしくないので変だなぁと思っていたら案の定、コガネ虫にかなり酷く根にダメージを受け、一年間養生をしていたモノでやっと今年になって順調にツルを伸ばし始め、数こそ少ないながら30個近く咲いてくれました、花の大きさは6~8cmほどと丁度良いくらいの大きさで基本的には多花性で花色は白にシルバーが輝くように入っていて咲き進むと花先が少し外に捲れて雰囲気の良い感じの花です、開花時期は通常のクレマが殆ど一段落してから咲き始める遅咲きのグループで彼?なりに咲く時期を色々考えているのかも知れません
廻りに咲いている仲間がいない時期、皆んなの注目を浴びて悦に入っているのかも・・・・・。

フルディーン1
【***さ~ん、これも強剪定種でバッサリですよ~(^.^)】
フルディーン2
    【Jackmanii Group/'Huldine'】
最近のコメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

パピリオ

Author:パピリオ
【種名:Maratecoara lacortei】
南米のメダカで大きさは6cmほどで背鰭と胸鰭が独特の形状をしており、卵生めだかの中でも特異なタイプです、産卵は底面にピートモスを適量入れてあげればそこへ産卵はしますがただ、このメダカは飼育繁殖のランクも上級種といわれそう簡単には増えてくれません。
また卵から孵化までに6~8ヶ月ほどかかります。

カテゴリー
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。